シーリング(コーキング)

湿気を吸った時や、乾燥した時、地震や突風に襲われた時……。
見た目にはなかなかわかりませんが、外壁は膨張したり収縮したり、たわんだりと、少なからずその姿を変えています。

そんな時、ゴム状の継ぎ目を縮めたり伸ばしたりして、外壁の動きに柔軟に対応してくれるのが、サイディング同士のつなぎ目に埋め込まれている目地材。
目地材が機能することで、外壁はひび割れを起こさず、長持ちすることができるのです。

築10年以上が経過している建物には、目地材が劣化したり、ひび割れているケースがよく見られます。
目地材の劣化はそのまま外壁全体の劣化につながってしまいますので、外壁材を長持ちさせたいのであれば、こまめに目地材を充填したり、打ち替えることが必要です。

あらゆる建物に実績の多い当社なら、外壁の状態を正しく診断し、目地材の補修にも最適な施工法を選択することが可能。
長い間お使いいただけるよう、万全のシーリングを行います。


■こんな症状を見つけたらキケンです!

・ひび割れ・切れ
・痩せ
・硬化
・剥がれ

一覧に戻る

▲TOPへ